会長あいさつ

2020~2021クラブスローガン

『繋げよう奉仕の心・広げよう奉仕の輪!』

現在、人々の孤立化と社会の分断を引き起こすウイルスによってライオンズクラブの活動も大きな挑戦を受けております。この様な非常時に会長が私で良いのかいくばくかの不安もありますが、沼津ライオンズクラブの歴史と伝統を確実に繋いでゆくためにできる限りの努力をする所存でございます。

さて、現在の様な状況下では、我々の活動も変化を避けられません。しかし、「志」や「思い」は間違いなく継承しなくてはなりません。先輩諸兄が営々と培ってきた実績を指針に検討を重ねていきたいと思います。

しかしながら治療薬やワクチンの状況を鑑みるとき、会員皆様の安全と健康に十二分の配慮をしなければなりません。片足をブレーキから離せない運営にならざるをない事をご承知おき下さい。難しい状況ではございますが、役員、委員の皆様の力をお借りしながら沼津ライオンズクラブの「灯」を高く掲げて進んでいきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

1 会員増強の推進 喫緊の課題

退会者の防止 新規入会者の勧誘 候補者のリストアップ 楽しい活動

2 明るく楽しく安全な例会運営

当面は 楽しい<安全

3 視力福祉事業の継承と展開

沼津ライオンズクラブの1丁目1番地 確実な継承とネットワークの維持強化

4 環境保全事業の展開

芝桜植栽の継続 清掃活動等の見えやすい活動 スポーツ少年団等との連携

5 青少年健全育成事業の展開

継承と連携の模索

6 IT・デジタル化の研究と実験

オンライン会議等の研究 記憶・記録・過去資料等の保全

国際協会モットー
We Serve 「われわれは奉仕する」
334複合地区スローガン
「セカンドセンチュリー組織と奉仕に魂を!」
334-C地区スローガン
「”We Serve”の精神で 地域に誇れる感動の奉仕を!」
クラブスローガン
「繋げよう奉仕の心・広げよう奉仕の輪!」